代表取締役社長

ご挨拶

当社は昭和28年 (1953年)、化学工業薬品の製造・販売会社として誕生以来、わが国の化学工業の発展とともに金属石鹸、塩化ビニル用安定剤、各種粉体加工を事業の柱とし、成長してまいりました。

金属石鹸、塩化ビニル用安定剤は、一般の消費者には目に触れないものですが、各種プラスチック製品をはじめゴム製品、塗料や医薬品にいたるまで、多種多様な製品が生まれる製造過程において、重要な役割を担っている製品です。
昭和49年からは新しい技術、粉体加工事業にも着手し、造粒方法や粉体形状など、お客様の幅広いニーズにお応えするべく、きめ細かい対応を目指し研究開発を進めてまいりました。今後もマーケットの拡大とさらなる技術革新、品質向上を目指し取り組んでまいります。

高度経済成長における日本の製造業を足元から支えてきた当社が、国内はもとより激化するグローバル環境の中で存在価値をより確立し、成長を遂げていくためには、今後も独自の技術力、スピード力、サービス力をさらに磨いていくことが求められています。
少数精鋭の体制を強みとし、一人ひとりが主体的に行動し、課題をクリアできる環境を継続することで、お客様が満足する品質とサービスの提供を実現してまいります。
引き続き皆さまのご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 


会社概要

商号 日東化成工業株式会社
設立 昭和28年10月7日
資本金 1億4560万円
筆頭株主 新日本理化株式会社(55%)
事業内容 1.各種金属石鹸の製造販売
2.塩化ビニル用安定剤の製造販売
3.各種粉体加工の受託製造販売
決算期 年1回(3月)
取引銀行 横浜銀行中山支店
りそな銀行新横浜支店
役員
代表取締役社長 芹田 俊雄
代表取締役専務 佐伯 祐宏 営業部長
専務取締役 市川 守 総務部長
取締役 勝田 耕司 勝田化工株式会社 代表取締役社長
監査役 青柳 賢治 新日本理化株式会社 執行役員 機能化学品事業部長
所在地 〒226-0019 横浜市緑区中山二丁目17番2号
TEL:045-931-4665
FAX:045-933-1655

JR横浜線「中山駅」北口より徒歩15分
市営地下鉄グリーンライン「中山駅」出入口1より徒歩15分
ルートマップ


沿革

昭和28年10月 川崎市新丸子に本社工場を設立し、金属石鹸、塩化ビニル用安定剤の製造を開始する
昭和32年 5月 横浜市保土ヶ谷区に新工場を完成する
昭和36年10月 現在地に用地を取得、新工場を建設し、本社及び新丸子、保土ヶ谷両工場を集結すると共に倍増生産を開始する
昭和45年 7月 新工場を完成し、金属石鹸、塩化ビニル用安定剤の増産に入る
昭和48年 8月 新工場を完成し、金属石鹸の増産に入る
昭和50年10月 洗剤助剤の製造設備を完成し、本格生産に入る
昭和57年 5月 本社工場用地を追加取得する
平成 元年11月 新事務所棟を完成する
平成 2年 5月 工場を増築し、金属石鹸の増産に入る
平成 3年 2月 洗剤助剤専用の新工場を完成し、増産に入る
平成 5年 5月 医薬品製造業許可証を取得する
平成 9年 6月 金属石鹸の新製法を確立、新工場を完成し増産に入る
平成17年 3月 ISO9001:2000を認証取得する
平成22年 3月 新日本理化㈱グループの一員となる
平成26年 8月 技術棟を完成し、研究開発、顧客サポートの強化を図る
平成27年 4月 塩化ビニル用安定剤ブレンド造粒設備を完成し、増産に入る
平成30年 9月 GMPに準拠した新工場を完成し、化粧品材料の品質向上を図り増産に入る